about

【2017年内、期間限定で追加販売中です】


本ショップは、ドミニカ国ハリケーン「マリア」で壊滅的な被害をうけた方々へのチャリティショップです。
2017年9月21日、日本のちょうど裏側にあるドミニカ国にハリケーン「マリア」が猛威を振るい、街を壊滅的な状況になりました。

ドミニカ国を少しでも早く復興したいと思い、
チャリティショップを開店しています。


【はじめまして、力丸と申します】

私はハリケーンの被害に遭うまで青年海外協力隊の一員として、ドミニカ国の水産局にてマーケティングの仕事をしていました。実際に今回のハリケーンにも遭った被災者の1人です。


____________________


【国がたった一晩でほぼ壊滅状態となりました】

今回最大強度のハリケーン上陸により一晩で国が
ほぼ壊滅状態となりました。

今も国内は多くの瓦礫や倒壊した家屋などが広がっています。

あらゆる支援を必要としているにも関わらず、日本では知名度の低さからニュースにもあまり取り上げられず、支援の手が回りきれていません。島国なので、船やヘリコプターでなければ物資も運び込めず、支援も遅れています。



私の住んでいたアパート含め屋根のある家は
ほとんど無く、
全てのインフラが断絶されています。
私の友人や同僚も、
水や食料を求めて毎日瓦礫の中を
歩きまわっています。


____________________


【ドミニカ国について】

ドミニカは、
鹿児島県の奄美大島と同じほどの小さな島です。

実は、フランスについて日本が二番目に経済支援をしている国です。(※1)


JICA(国際協力機構)の事務所もなく、
日本人は私1人の状況でした。

赴任当初はやはり心細かったものの、
現地の人たちの温かい歓迎や、
今までの日本の支援に対する感謝の気持ちを
日々感じながら、
友人や同僚にも家族のように接してもらってきました。

現在のハリケーンにより国民の約78%が避難者となってしまいました。(※2)



(※1:外務省サイトより引用:2013年 OECD/DAC)(※2:2017年9月22日時点の外務省発表コメントより。避難者は約56,890人。国民総人口は約73,000人。/2015年世銀調べ)


____________________


【私がチャリティを行う理由】
<力丸>
私自身本当にお世話になり、
日本を愛してくれているドミニカの人たちに、
まずは生きて欲しい。
最低限必要な物資を、
スピード感を持って届けたい。

…また、そんな想いを汲んでくれた前職の先輩である柏木の協力のもと、このチャリティを始めることにしました。

<柏木>
力丸がドミニカ国に赴任するまで、
ドミニカ国がどこにあるかも、ドミニカ共和国との違いも知らないほど無知でした。
今も、お恥ずかしながらドミニカ国への知識はそう多くありません。このチャリティを始めた理由は、
「日本人がたった1人の場所で今も力丸が
生きているのは、きっとドミニカ国の人に
沢山支えてもらったからなんだろうな」
と思いました。
何もしてあげられないけど、
せめて、募金ぐらいは。
・・・そう思っても、
募金する先すら見つかりません。
だったら、
自分たちが募金を届ける側になれたらいいんじゃないか。そう思い、このチャリティを始めることにしました。


____________________


【必要とされている物資】

現在、ドミニカ国より災害救援物資として
求められている物資は以下です。

1.水、水の浄化錠剤

2.保存食

3.ブルーシート

4.ファーストエイドキット

5.医薬品

6.幼児用品

7.マットレス、ブランケット、タオル、枕



上記1-7の物資について、近隣国セントルシアにて購入後、セントルシア赤十字へ依頼しドミニカ国へ物資を輸送して貰えるようルートを確保しています。
残るは、皆様からの支援です。
いただいた支援金をもとに、物資をドミニカ国へ届けます。

____________________


【寄付金受付期日】

10月14日 18:00(日本時間)

3週間後には状況が大きく変わっていることが予想されます。
大変短い期間となりますが、
10月14日18:00(日本時間)までと設定させていただきます。

____________________


遠い国、地球のほぼ裏側にあるドミニカ国での出来事なので、なかなか馴染みのない出来事だとは理解していますが、皆様のご支援が必要です。

ぜひ、チャリティ品のご購入にご協力下さい。


※ご注意点※

被災国の要請状況により、支援物資の変更や支援金へ切り替える可能性もございます。

____________________


【オリジナル絵はがきについて】

今回のオリジナル絵はがきは、デザイナーである「イソカワユリイ」さんのご協力のもと、特別にデザインを書き下ろしてもらいました。
絵はがきの裏面では、子供たちのイラストに口が描かれていません。
これには、はがきを購入して支援して下さったみなさんのお手元にはがきが届いた時、口元を描き足すことでドミニカの子供たちを笑顔にできるように、という製作者の想いが込められています。

ぜひ、
私たちの手で、
1人でも多くの笑顔(未来)を守りたいです。

※支援物資の発送を最優先とするため、
絵はがきの発送まで時間を要する可能性が高いこと、予めご了承くださいませ。


____________________


その他、支援に関してのご質問などは随時受け付けております。
少しでも多くの支援の手を、何卒よろしくお願い致します。




ドミニカ国ハリケーン被災地支援プロジェクト

Team Origami

柏木明子・力丸育未
お問い合わせはこちら
メール dominicakokushienteam@gmail.com